WiMAX 普段使い

キャッシュバック狙いでWiMAXのプロバイダを選ぶのは危険!

普段使い用のモバイルWi-FiルーターにWiMAXを利用を検討されている方は多いのではないでしょうか。

 

 

WiMAXは通信エリアも広く高速のため、現在最も優れたモバイルデータ通信と言えます。

 

 

WiMAXを利用する場合、数十社あるWiMAXの通信プロバイダから選んで契約する必要があります。

 

 

当サイトでは「普段使いにおすすめのモバイルWi-Fiルーター」でも記載している通り、UQ WiMAXをおすすめしていますが、その他に有名なプロバイダとしてはGMOとくとくBBや@nifty、So-netがあります。

 

 

これらのプロバイダを選ぶ方の多くはキャッシュバック狙いです。

 

 

 

しかし、キャッシュバック狙いで契約する場合は注意が必要です。

 

 

高額なキャッシュバックは魅力に感じますが、実際にはキャッシュバックが貰えなかった、という方が多いのです。

 

 

 

キャッシュバック狙いが要注意な理由@:すぐ貰えない

 

キャッシュバックは契約してから数カ月経たないと貰えない制度になっています。例えば、GMOとくとくBBの場合、契約してから11か月後にキャッシュバックを貰う手続きをしなければいけません。

 

 

11ヶ月も経ってしまうと、手続きする事を忘れてしまいますよね。しかも、手続きを行える期間はその1ヶ月のみとなっています。

 

 

 

キャッシュバック狙いが要注意な理由A:サポートセンターがつながりにくい

 

キャッシュバックの手続きについて、不明な点等をプロバイダのサポートセンターに聞こうとしてもつながらず、返信を待っていた手続きを行える期限が過ぎてしまった、という方が多いです。

 

 

基本的に、GMOとくとくBBや@niftyのサポートセンターは規模が大きくないため、全てのユーザのサポートに手が回わらないのです。

 

 

高品質をとるか、キャッシュバックをとるか

 

やはり、おすすめはUQ WiMAXです。

 

 

UQ WiMAXはキャッシュバックはやっていませんが、代わりにJCBの商品券が貰えます。契約さえすれば、(手続き不要で)翌月に商品券が郵送されてきます。

 

 

また、UQ WiMAXを提供するUQコミュニケーションズは日本有数の大企業KDDIの子会社という事もあり、サポートセンターの規模も大きく、レスポンスが早いです。

 

 

キャッシュバック狙いも良いですが、その際はリスクを十分に認識した上で契約してください。